2010年02月07日

「東京スクールガイド」に掲載されました!

昨年学校に出版社から取材依頼があり、
取材を受けました。どんなふうに記者の方が書いて下さるのか
楽しみにしていましたが、
その本がとうとう発売になりましたー!

「TOKYO SCHOOL GUIDE」東京スクールガイド
〜本当の自分に気付かせてくれる学校に出会える本〜
発行:(株)ライフサーチ
販売:(株)ジャパン・プランニング・アソシエーション
本体価格:1,600円(税込価格:1,680円)

なんと2ページにわたってENGLISH ARTWORK英会話教室が紹介されています。

01301219_4b63a53faa000.jpg

今日有隣堂に行ったら並んでいました。↓

100207_194628.jpg

よかったらチェックしてみてください!

ENGLISH ARTWORK英会話教室
恵比寿駅5分、代官山3分
渋谷区恵比寿西 2-17-4, イースト代官山3F
03-3780-1514

HP: http://englishartwork.jp

お問い合わせ:info@englishartwork.jp

posted by Karry at 23:38| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

新コース開講!

ENGLISH ARTWORKは、5月より、土曜日に「スキル特化コース」という新コースを開講します!

英語のスキルの中でももっと特化したクラスが欲しいというご要望にお応えし、以下のクラスを新設いたします。

講師: 明治学院大学講師で「ライティングセミナー」でおなじみのNicole Takeda先生です。

時間: 土曜日午後1時〜5時
    (1クラス1時間)
    各クラスの開始時間はお問い合わせください。

授業料: 1クラス 12,000円(月謝制) (1クラスから履修可)
    (3か月 1クール)(一括払いや、複数クラスを履修の場合の特典についてはお問い合わせください)



期間: 3か月で1クールになっています
    第1クール→ 5月〜7月

定員: 各クラス8人(申込順)

レベル:中級・上級


1.「World English」
このクラスは、世界各国で使われる英語について学んでいくクラスです。昨今、特にビジネスシーンで英語がアメリカ・イギリスだけでなく、英語が母国語でないインドや中国の人々の英語を聴く機会も増えてきました。それらの様々な英語の特徴や傾向を学び、どのような英語にも対応できるようにしていくクラスです。

2.「Discussion Techniques」  ディスカッションのクラスは他の英語学校でもよくありますが、このクラスは、ただディスカッションをするだけでなく、そのテクニックも学ぶことで、自分の意見や考えをわかりやすく効果的に発することができるようになります。毎回変わるトピックについてのリーディングが宿題として出されるので、リーディング力もつき、ボキャブラリー増強もできます。

3.「Business English」  ビジネスシーンで必要な会話、リスニング、リーディングなど全般をカバーします。TOEICのスコアアップが必要な方にもお勧めです。問題集ばかり勉強していっこうにスコアが伸びない方、ビジネス英語を学ぶことで突破口が開けます。

4.「E-mail Writing」  ライティングの中でも一番身近な、メールに焦点をあて、ビジネスメールからカジュアルなものまで、役立ち表現なども含めて勉強していきます。実際自分が書いたものを添削してもらえるので、どんどん実力がついていきます。英語で身近なことを書いてみたい(日記など)という方にもお勧めです!

詳しい内容等についてのお問い合わせは、
メールにてお願いいたします。

info@englishartwork.jp

ENGLISH ARTWORK英会話教室
恵比寿駅5分、代官山駅3分
渋谷区恵比寿西2-17-4 イースト代官山3F
03(3780)1514
HP: http://engishartwork.jp

posted by Karry at 11:22| Comment(0) | ENGLISH ARTWORK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

Hope For Haiti Now:A Global Benefit for Earthquake Relief

ハイチ地震関連のニュースは日本でもボチボチ報道されていますが、
アメリカでは毎日毎日どんどん関連のニュースが流され、
知らない人はいない、無関心ではいられない状況になっています。

Tuesday afternoon, January 12th, the worst earthquake in 200 years - 7.0 in magnitude - struck less than ten miles from the Caribbean city of Port-au-Prince, Haiti. The initial quake was later followed by twelve aftershocks greater than magnitude 5.0. Structures of all kinds were damaged or collapsed, from shantytown homes to national landmarks.

imagesCA3UN17Q.jpg

今日は朝からMTVでHope For Haiti Now Telethonという番組を世界同時放映しています。(今まさにライブでやっています)

More than 130 of Hollywood's biggest stars came together Friday (January 22) for MTV's "Hope for Haiti Now: A Global Benefit for Earthquake Relief" telethon.

有名どころのミュージシャン達が次々と出てきて歌い、
映画俳優たちが募金の電話を受け、語りかける。

arts-haiti-cp-584.jpg

ひとたび災害が起きるとすごいですよね、この団結力。
そして、オバマ大統領はすかさずハイチ募金した人が税の控除を受けられる法案に署名。

Shortly before the telethon, President Obama signed into law HR 4462, which allows taxpayers to accelerate the income-tax benefits for certain charitable cash contributions made before March 1, 2010, for the relief of victims of the earthquake in Haiti.

政府とメディアと人々が一体となってやれば、
すごい効果のある活動ができるんだなーというのを目の当たりにして、
日本はまだまだだと思わされます。日本も税の控除をすれば、もっと増えそうなのに募金する人。

日本の募金は方法がまちまちでわかりにくい。
いちいち郵便局や銀行で振り込まなければいけなかったりで
めんどくさい上に、どこにしたら本当にちゃんとハイチのために使われるのかが疑問!
「詐欺に注意」なんていう呼びかけも多いからなおさら。

アメリカのように、「電話かけると自分のPhone Billに10ドル追加されて請求される」とか、「何ドルとクリックしてクレジットカードにつく」とかだと簡単。募金がどの団体にいくのかも赤十字社やユニセフなどの団体が書いてあってわかりやすい。

日本人だって、簡単な方法で募金できたり、何か自分ができる範囲で役に立てるのならしたいという人はたくさんいると思うんです。

娘が小学校の時、定期的に「ハイチデー」という日がありました。
これはたしか、貧困で苦しむハイチの人達のためのプロジェクトで、子供たちはその日のお弁当はご飯だけ。
おかずを食べるのを我慢してその分にかかるであろうお金を募金するというものでした。今考えると、「自分ができる範囲で困った人に何かをする」という意識を育てるという意味では、とても画期的だったなと思います。「募金」してくださいというのはよくありますが、「何かを我慢する」ことによってというところに意味がある気がします。

Haitiでは物資不足から略奪も起きていると聞いています。
早く物資や医療品が彼らのもとに届くことを願っています。
posted by Karry at 13:03| Comment(2) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

イメージリンキング法で効果的に英語学習

文字に頼らず「イメージ」とリンクさせて学習することで、
英語を効果的に伸ばすことができるということは以前も書かせていただきましたが、先日うれしい報告がありました。
平日夜コースに通うAさん。
入学前TOEICでずーっとしばらく700点代をさまよっていた彼女。
「820点でした〜」とうれしそうにシートを持ってきてみせてくれました。

ちなみに、当校では一般で言われているTOEICのための勉強はしていません。というのも真の英語力があれば、特別にそれ用に勉強しなくても高得点がとれるというのが本当だからです。

彼女のように、ある線までは伸びたけれどそこからが動かない!
という人ホントに多いですよねー。
ということは、英語力そのものを伸ばしていかなければ得点も伸びていかないということです。

Aさんが伸びたのには納得の理由があります。
入学時、彼女は完全に受験英語・電光掲示板型の学習者でした。
何度も話をし、「これまでの自分の学習法を見つめ直し、イメージを大事にした学習法に意識を変えていく必要がある」ということを本当に理解してくれたとたん、びっくりするほどぐ〜〜〜んと伸びました。

うれしかったのは、
「テストの時、ルールで機械的にこたえるのではなく意味やイメージを考えて解いたら、選択肢に頼ることなく答えが自然にうかんだ」
といってくれたこと。

これなんです!
選択肢を取捨選択法でなんとなくこれかなーなんて選んで、仮にあってたとしてもそれが何になるのでしょうか?

得点が伸びずに悩んでいる人、意識を変えてみませんか?
これは勇気のいることですが、
必ず突破口が見出せますよ!



★ENGLISH ARTWORKでは、この「イメージリンキング学習法」についての無料セミナーを毎週日曜日に開催しています!(予約制)
お気軽にお問い合わせください。

ENGLISH ARTWORK英会話教室
渋谷区恵比寿西2-17-4 イースト代官山3F
03-3780-1514
info@englishartwork.jp

posted by Karry at 09:22| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

ホテル派?コンドミニアム派?

あなたはホテル派ですか?それともコンドミニアム派ですか?

そうですよねー。旅行や滞在の目的によっても違いますよねー。
私は、長期滞在でゆっくりした時を過ごしたい場合は、
断然コンドミニアムを選びます。あるいは長さによっては
家を借りちゃいます。

私の両親は、年に約半年近くハワイに住んでいます。
もちろんホテル暮らしは不便。
地元の不動産屋さんから家やコンドミニアムを借りています。
地元のスーパーで新鮮な食材を買って自分で料理もできますし、
洗濯だってできる。なにより、広い空間がうれしいですよねー。

今回の家は、こんな感じ。

CIMG0906.JPG

ゲートつきの安心なコミュニティーになっていて、
中心部にはプールもあります。

3ベッドルームにパティオ、バーベキューのできるお庭など、
十分すぎる広さの戸建てです。

これがマスターベッドルーム。(もちろん広ーいバスルームやウオークインクローゼットも)
CIMG0841.JPG

2階から見た吹き抜け部分
CIMG0850.JPG

リビングルーム
CIMG0857.JPG

ダイニングルーム
CIMG0859.JPG

ダイニングから続くパティオ
CIMG0858.JPG

昨年に引き続き、家のテラスの椅子で見つけゲコの写真も。
CIMG0897.JPG

たとえば近くのヒルトンなどのホテルでツインの部屋を3つ借りることを考えると多分半分ぐらいで借りることができます。
もちろん不動産屋さんとの交渉は自分でしなければなりませんが。

で、近くのビーチで、こーんな景色をみながらリラックス。
CIMG0933.JPG

地元の不動産屋さんに聞いてみると結構掘り出し物とか、
ディスカウントになっている物件などを教えてくれますよ!
トライしてみて! 英語の勉強にもなるかも(笑)。





posted by Karry at 08:33| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

Happy New Year!!!

昨年のクリスマス前から年明けまで、年中行事の
両親のいるハワイ島のコナに行っていました!
コナサンセットで有名ですよねー。オレンジ色の太陽が沈んでいく様子はホントにうっとりです。

abaysunset26_b8.jpg

ハワイというのは(特にハワイ島)不思議なもので、
何年か行っていなくてもほとんど変わってない(笑)
もちろん、1車線だった道路が2車線になっている区間があったり、
新しいショッピングセンターができたりはしていても、
古い街並みはそのままだし、
スーパーやそこに働く人など、ホントに変わってない。
同じ棚に同じものがならんでいる(笑)。

ハワイ島は、日本の免許で車が乗れるので便利です。
両親のコンドミニアムは、Kohala Coastにあり、町から離れているため、車は必需品です。

とにかくリラックスしたい時はここというくらい
時間がゆっくり流れています。

Hapuna Beachが近いので、
Beachでのんびりしたい時はここへ。

hapunabeach3_b8.jpg

hapuna1206_01b8.jpg


溶岩でてきているといってもいいほど見渡す限り溶岩が広がるこの島で、ホワイトサンドビーチは貴重です。

大きなホテルの近くや土産物店のあるダウンタウンに近寄らなければ、
日本語を聞くこともほとんどありません。

とにかくあわただしい日常から解放されたい、
ボーっとしたいという方にはおすすめですよ!

さて、今年はEAも飛躍の年になりそうな予感がします。
今月にはEAがフィーチャーされた待望の本も発売予定ですし、
新しいコースや日曜朝のセミナー開始など、
盛りだくさんで、さらに進化していきますよー。


おしゃれな代官山で本格英語
ENGLISH ARTWORK英会話教室
恵比寿駅5分、代官山3分
http://englishartwork.jp
03(37801514

posted by Karry at 10:18| Comment(2) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

子供英語

今年も終わりですねー。
早いなー。
ENGLISH ARTWORK英会話教室もこの間の日曜日の発表会で
無事今学期終了となりました。
発表会に来てくださった皆様、ありがとうございました。
楽しんでいただけたでしょうか。

さて、今日は「子供英語」について。
私は以前子供に英語を教えた経験があります。
その経験から言えるのは「子供はスポンジ脳を持っている」
ということです。

よく、「子供は日本語と英語を両方教えると混乱するから教えないほうがいい」とかいう頭の固い人たちがいるようですが(笑)

本当にそうでしょうか?
子供の「好奇心」は本当にすごいものがあります。
もちろん子供は「好き」「嫌い」がはっきりしていますから、
いかにその好奇心をかきたてて「もっともっと知りたい」という
気持ちを育てていくかが勝負です。

「子供英語」というと、「歌を歌って遊んで終わり」
のようなものか、まるで大人の塾のように「特訓」するようなものかの
選択が多いですよね。

「楽しい」だけでもだめだし、「勉強」になってしまってもダメだと思います。

一番大切なのは、コミュニケーションは楽しいものということ。
何かを覚えたりやってみることで、
日本人以外の人ともお話しができるようになるということを
教えられたら成功と言えるのではないでしょうか。

特に発音は、小さい時に身体で覚えてしまえば後々
苦労することはありません。
「発音は一生もの」と私はいつもいっています。(笑)
泳ぎを習うように、一度身につけてしまえば忘れることはありません。

以前教えた生徒から、
「いまだに英語は大好きで得意です」という
言葉をきくとうれしくなります。

そういう子供たちが国際人として活躍してくれると思うと
ワクワクしますよねー。(笑)

で、今「キッズコース」を計画中です。
来年の春開講予定で、それにむけ準備中です。
興味があるという方は、説明・予約を来年1月より開始いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

info@englishartwork.jp

ENGLISH ARTWORK英会話教室
恵比寿駅徒歩5分、代官山駅徒歩3分
03(3780)1514
posted by Karry at 11:46| Comment(3) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

公開発表会のお知らせ

今日は、12月13日(日)に行われる「ENGLISH ARTWORK英会話教室 発表会」のお知らせです。

今回初めて発表会を一般公開することになりました。
当校ではカリキュラムの中に「英語演劇を通して学ぶ英語」
というクラスが組まれています。
このクラスの発表です。

「演劇」というと、ただ台詞を暗記してそれを言うということだと思っている人が多いのですが、それではなんの勉強にもなりません。
つまり、英語力のない人が丸暗記して台詞を言ってもそれは相手に伝わるわけもなく、当人にとっても無意味です。

よく問い合わせの中で、
「英語演劇に興味があるので、このクラスだけをとりたいと思っています。英語は初心者で話せないのですが。」というのがあります。
違和感を覚えるんですよねー、こういうの。
当校の生徒さんは、
「話す」「聴く」「読む」「書く」をカリキュラムの中で学んでいます。その上での「表現力」のクラスなのです。

外国人の人が、日本語をほとんど理解できないのに舞台で日本人として日本語で演じるって考えてみてください。しかも台詞の意味やテーマなども理解できない。
まったくの趣味で、舞台に立つことが目的ならばありかもしれませんが。。。
もちろん、日本人が外国人を演じることはしょせん無理だとおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。
でも、あえてそれをすることで「英語による表現力」を勉強できるのです。

したがって、このクラスの目的は「英語の表現力」を身につけること。
この「表現力」には、さまざまな要素が含まれています。

英語はコミュニケーションのためのもの。
そのためにこの「表現力」をつけていくことは不可欠です。

発音、イントネーション、英語のリズムなどはもちろん、
使われている表現を勉強したり、言葉に隠された意味やメッセージなどを組みとったり、表情やジェスチャーも。

特に今学期取り上げた「Jazz Chants」や「Into the Woods」は、
英語のリズムを身体で覚えるという意味で最適です。
この発表会は、「公演」が目的ではなく、いかに一人ひとりの生徒さんがこのリズムの習得に取り組んだかをみていただければと思っています。

もしご興味がおありでしたら、ぜひ観にいらしてください。

場所:TEPCOホール(渋谷電力館8F)
時間:午後3時半〜4時半(午後3時受付開始)
入場無料

ph02_01.jpg

access_map_l.jpg

主催:ENGLISH ARTWORK英会話教室
   東京都渋谷区恵比寿西2-17-4 イースト代官山3F
   http://engishartwork.jp

posted by Karry at 11:00| Comment(2) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

英文法についてー未来形についての話2

前回未来形っていったい何なんだろう?というお話をしました。
先々起こるであろう事についてだったら、
時制の中にでてくる未来形だけでは到底足りないですよねー、
ということでした。
よって、分類がおかしいのでは?というのが私の考えです。

「明日買い物行こうと思ってるのよ。」
I'm going shopping tomorrow.
「じゃあ、明日買い物行こうっと。」
Then I'll go shopping tomorrow.
「明日買い物に行きたいの。」
I want to go shopping tomorrow.
「明日買い物行けるかもね。」
I may/might be able to go shopping tomorrow.
「明日買い物行かなきゃいけないの。」
I have to go shopping tomorrow.
「明日は買い物に行くべきよね。」
I should go shopping tomorrow.
「明日買い物行くことになってるの。」
I'm suppose to go shopping tomorrow.
「明日買い物行けたらいいのに。(行けない)」
I wish I would go shopping tomorrow.

以上の例をあげましたが、これだけではなくもっとありますよー。

さて当校では、期末テストも終わり、カウンセリングの真っ最中。
細かく分析した結果を分析シートにし、
それをもとにカウンセリングしていきます。

以前もお話ししましたが、
うちのテストは選択問題はありません。
すべて自分で考えなければならない問題です。
本物の実力を見るにはそうあるべきだと思っています。

で、当然文法問題も、
前後の文脈や伝えたいことに合わせて適切な文法が使えているか
というところを見ます。

多いのは、文法をルールだと思っているタイプ。
正しい文法を選べません。
文法項目にはそれぞれの持つイメージがあります。
そのイメージをつかむことが大切なんです。

だって、
ある1つの時制を使うことで、ネイティブスピーカーは、
ぱっとイメージが広がるんですから。

今生徒さんは発表会に向けて必死で"Into the Woods"を練習していますが、

その中に、この未来形ももちろん出てきます。
"The King's giving a festival."

ルールで覚えている人は、
be -ingは、アレンジされているプランなどに使われる
などど説明をしてくれるでしょう。

でも大事なのは、何を伝えたいかです。
これを聞いただけで、
「あ〜、もうすぐフェスティバルが行われるんだー。たくさんの人が招待されてて、着々と準備が進んでいるんだ。」というようなイメージが膨らむんです。

それだけの力を持っているんです、本来時制って。

つまりそのイメージがわからなければ、
使えないし、相手が伝えたいこともわからない。

例えば、みなさんは現在形のイメージがわかりますか?

posted by Karry at 22:29| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

未来形についての話 −英文法ー

前回「文法」の話をしました。

文法書は、参考書としては役に立つことがあります。(英語で書かれたもの)

でも、やっぱりカテゴリー分けがわからない。
たとえば「未来形」これ、時制の一部として位置づけられているので、
しかたないのかもしれませんが、

1. will
2. be going to 〜
3. be 〜ing
4. 現在形

と種類が紹介されています。
でもですよー、

"Maybe we could go shopping after watching a movie."
「映画のあと買い物とかいいんじゃない?」
なんて、お休みをどう過ごそうかと相談している時の会話、
よくあります。
これって未来のこと話していますよねー。
でもこれ「未来形」のところにはありません。

なぜ?
「未来形」というのは、
あくまでも「動詞」を基本に考えているからです。
ある「動詞」をどのような形にしたら、未来形になるのかを
紹介しているにすぎないと考えてください。

つまり、これを全部知っていたからといって、
「未来のこと」がなんでも語れるというわけではないんです。

では先ほどの
maybe we could go shopping
はどこに分類わけされているのでしょう?

「助動詞」のところ。
たくさんならんでいる助動詞のなかの1つ、「possibility」
の"could"として紹介されています。

これって「文法を説明する」という観点からは、
都合がいいと思いますが、
はたして「使う」側にとってはどうなんだろう??

わたしなら、
これらを一度に教えます。

「明日買い物行こうと思ってるのよ。」
「じゃあ、明日買い物行こうっと。」
「明日買い物に行きたいの。」
「明日買い物行けるかもね。」
「明日買い物行かなきゃいけないの。」
「明日は買い物に行くべきよね。」
「明日買い物行くことになってるの。」
「明日買い物行けたらいいのに。(行けない)」

これぜ〜〜〜んぶ「明日の買い物」の話です(笑)。
でも、それぞれニュアンスが違うので、
表現も全部違うんです。

文法書ではあっちこっちバラバラに紹介されているので、
すごーく不便。
やっぱり「使う側」にはやさしくないなー。

これ全部言えますか?

答えは次回!

posted by Karry at 08:19| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。