2012年06月24日

たかがTOEICされどTOEIC

TOEICの点が高いからってしゃべれるわけじゃないから受けてもしょうがないという風潮があるようですが、確かにね。その通り。
でも企業が点を聞くんだものしょうがない。
というわけで、TOEICのクラスを教えているわけです。
レギュラーコース4時間受講生は無料で受けられるシステムになっています。
目的は点を上げる事。でもテクニックだけじゃね。で、せっかく勉強するならビジネス英語に出てくる表現やニュースに出てくる経済に関する単語もインプットしましょうというクラスになっています。
5月に受けたレッスン生からぞくぞくと結果が知らされてきています。
もちろん全員が満足の結果ではないにしろ、たった数ヶ月で200点アップなど、驚くべきアップ率の生徒達がいてすごい!彼らの努力にはホントに頭が下がります。
こんなの意味ないと言っていてもしかたないので、どうせなら高得点取らせてあげたい!
そしてボキャブラリーも増えたらいいなと思う今日この頃です。
posted by Karry at 18:39| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

口に出したもん勝ち?

『どうしたらインプット増やせますか?』という質問をよく受けます。
受験英語でさんざん暗記したけどほとんど残ってない。どうしたら残って、しかも都合の良いときにさっと取り出せる状態に出来るのでしょう?

私はいかに口に出すかだと思うんです。もちろん訳もわからず念仏みたいに唱えていてもそれは丸暗記と一緒。

会話表現なら、実際その状況をイメージして言ってみる。誰にいってるのかもね(笑)。

ニュース記事ならキャスターになったつもりでテレビの向こうの視聴者に向かって話してみる。

まわりに誰もいない時を見計らってやってみましょう。こうしてリアルな状況でインプットしたものって不思議と残りますよ。
posted by Karry at 09:17| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

意味を考えながら読む

クラスの中で、英語の記事や会話文を読んでもらうと、
「ただ字を追って音にする」という人が多いのに驚かされます。
でも考えてみたら、学校での英語の授業、読んでみなさいと言われ意味もわからず
「ただ読む」という繰り返しだったなあと思うとしかたないのか。。。

読んだ後さあそのことについて質問すると、やおらまた読み返しが始まります。(笑)
じゃあ今読んだのはなんだったの?
これでTOEICのリーディングで時間が間に合わない人が多いのわかりますよね。

しょうがないです。だってそういうふうに教育されてきちゃったんです。
でもそう言っていてもしょうがないので、
とりあえず意識をちょっと変えてみる事が大事だと思います。

1.まずやみくもに読み始めない。
2.単語単語に注目して読まない。
3.意味のかたまり(チャンク)を見つけられる目を養う
4.意味がわからなかったら、いったん立ち止まって考える。
  (「とりあえず読み」をしない)
5.読んだ後紙をひっくり返して、どんなこと書いてあったかが簡単に言えるか確かめる

これらを意識するだけで、だいぶ変わってきますよ。
あせって各単語だけに注目してとりあえず読むということから、
ゆっくりまず目線をもう少し読み物から離してみる。
そうするとチャンクが見えてきます。

上級者に特に多いのが、とにかく速くスラスラ読まなければと思って
意味を考えずに読んでしまうタイプ。

大事なのはそれを聞いている相手が内容を理解できるかなので、
相手に伝えようという意識を持つとだいぶ違うんじゃないかと思います。

ちなみに、会話文の場合は、
絶対「イメージ」すること。どんな人がどんな感情で、どんな状況で言っているのか。
それぬきで練習しても結局丸暗記になってしまい、
ちょっとするとぜ〜んぶ忘れてしまいます。
ところが実際に動いたりイメージしたりして覚えたものって定着率いいんですよね〜。

とにかく意識をちょっと変えてみましょう!





posted by Karry at 10:50| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

イメージリンキング学習法

035_IMG_6159.jpg

013_IMG_6090.jpg

027_IMG_6133.jpg


この独自の学習法による指導をしてきて、
最近つくづくホントに手ごたえのあるというか「効果の上がる方法」だと感じます。

「状況・感情・ニュアンス」と結び付け(リンクさせ)た形でのインプット法なので、
丸暗記や文字に頼ったインプットに比べてはるかに定着もよく、
自然で、応用もきくインプットが出来ます。

でもこれは特別な方法ではありません。
私たちが受けてきた英語教育によっておかしくなってしまった
学習法を、自然な正しい方向に意識を向けるお手伝いをしているだけなんです。

以前にこのブログにも書いたと思いますが、

まず、「自分の伝えたいこと」がどうしたら相手に伝わるのか。
一番近い形で伝えるためには何を使えばいいのか。
どんな表現がピッタリなのか、どんな文法項目を使えばそのニュアンスがでるのか、
それを考えるのが自然なアプローチではないでしょうか。

何らかの状況下で、

何らかの感情がわき、

伝えたい、言いたいことが出てきて、

無意識でピッタリの表現を探して

口に出す

このプロセスを考えた時、
「はい、では今日は現在完了について勉強しましょう」
というような学習方法は何か違う気がしてなりません。

だって、「今日は現在完了を使って話そう」なんて思って話す人いないですよね。(笑)

なので、EAでは、反対向きのアプローチです。
「はい、こんなことが言いたいです。何を使ったらいい?」

これは何も使う言葉や文章だけに限りません。
表現力のクラスでは、「こんなことが言いたい。じゃあどういうふうに言う?」
これは、発音・リズム・イントネーションなど表現をする時に必要なすべてのもの
を感情・状況・ニュアンスと結び付けた(リンキング)形で学んでいくので、
ただ感情抜きで物まねするような発音学習法とはかなり違います。

今までしてきた「文字やルール偏重の学習法」から脱却するため、
クラスでは荒療治的なインプットをしてもらっています。
はじめは「文字がないと覚えられない」「文字を思い出しながらじゃないとしゃべれない」
と信じ込んでいたレッスン生達も、今ではどんな長い文章でもイメージ・感情とリンクさせて
「覚え、定着させる」ことができるようになっています。





posted by Karry at 13:04| Comment(1) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

ありがとうございました。

先月行われた発表会の報告がすっかり遅くなってしまって。

まずは、例によってキッズコースの可愛い発表から。
f0055087_3485228.jpg

今回はみんな可愛いクモになり、元気に歌ってくれました。
自己紹介もとても上手になりました。

そして次にママクラスのスキット発表。
f0055087_35032.jpg
ママたちも子供たちに負けないくらい頑張っています!

続いてドラマクラスの発表が2つ
f0055087_46182.jpg
「ファインディングニモ」楽しそう!

f0055087_3534560.jpg
「天空の城ラピュタ」の1シーン。

続いて登場するのは、すっかりおなじみになった英語落語です。
f0055087_3545026.jpg
EA亭まりもさんによる「たぬさい」

プログラム5番は、スキット発表
f0055087_3552060.jpg
彼女達は初級クラスの新入生。
約束を変更する電話での会話を見せてくれました。

f0055087_3564722.jpg
彼らは、ドライブをしている時の会話。
このように、様々なシーンでの会話を学んでいきます。
彼らの生き生きした表情をみると、丸暗記ではなく完全に自分の
ものになっているのがお分かり頂けると思います。

まだまだたくさんのペアがスキットをみせてくれましたが、
のせきれないので何か別の機会にご紹介させていただきますね。

そしてまたドラマクラス発表。
「電車男」と、「ファミリーアルバムUSA」から1シーン
f0055087_359887.jpg
知ってる方はわかるかな? マリリンとリチャードのエアロビのエピソードです。

このあと中上級クラスのスキット発表があり、

そしてInformative Presentation。
今回は初中級クラスが、
「臓器提供」と
f0055087_412229.jpg

f0055087_41501.jpg
「細胞記憶」のグループ

そして英語落語2人目は、EA亭寿恵蔵による「壺算」
f0055087_421243.jpg

中上級クラスはエネルギー問題に関するプレゼンでした。
f0055087_424062.jpg
これは「再生可能エネルギーについて考えよう」

f0055087_43285.jpg
こちらは「スマートシティ」


すべてのプレゼンを通して感じたのは、みなさんがとても生き生き楽しそうに発表していることです。
落語からドラマ、エネルギー問題まで本当に多岐にわたるプレゼンでした。





posted by Karry at 16:49| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

第9回発表会

またまた発表会が近づいてきました。
第9回ENGLISH ARTWORK発表会

日時:2011年8月7日(日)
   午前10時〜12時
場所:渋谷区新橋地域交流センター
   JR・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅徒歩10分

koryu_shinbashi.gif

今回は前回出来なかったグループワークの発表もあります。

<プログラム>
1.キッズクラス発表

2.ママクラス発表

3.「演劇を通して学ぶ英語」日曜クラス発表
"Finding Nemo"
"Castle In the Sky"

4.英語落語 "Coon Dog and a Gambler" 「たぬさい」

5.「初・中級会話クラス」発表

6.「演劇を通して学ぶ英語」水曜クラス発表
   "Train Man"
"Family Album USA"

7.「中・上級会話クラス」発表

8.「リーディング&ディスカッション初・中級クラス」発表
"Organ Donation"
"Cellular Memory"

9.英語落語 "Pot Mathematics" 「壺算」

10.「リーディング&ディスカッション中・上級クラス」発表
   "Let's think about Renewable Energy!"
"Smart City"



みんなプレゼンに向けて一生懸命練習中です!



posted by Karry at 22:51| Comment(4) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

発表会

すっかり更新をサボってしまいました。
学期末の発表会には、お忙しいところを多数観に来て
下さいましてありがとうございました。

この度の災害の影響で、
いつもより少ないプレゼンでしたが、
みんな頑張ってくれました。

047_IMG_5499 - コピー.jpg

031_IMG_5472 - コピー.jpg

会話クラスのスキット発表では、
様々なシーンでの使える英語を勉強している成果を
感じて頂けたのではないかと思います。
ただ言うということではなく、
意味に応じた表現の仕方もできていました。
発音チェックも一人ひとり行っている成果がでて
うれしく思います。

001_IMG_5419 - コピー.jpg

キッズのクラスもいつものようにとても可愛く、元気に
発表できました。
だんだん頼もしくなってきました。
今回はママたちも会話スキットを発表して下さいました。

028_IMG_5465 - コピー.jpg

019_IMG_5451 - コピー.jpg

そして、落語クラスの発表!
今回は、「まんじゅうこわい」と「死神」の2演目を
発表しました。
お楽しみいただけたでしょうか。

今学期もみなさん頑張って勉強しています。
次の発表会も楽しみです!










posted by Karry at 12:48| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

海外ドラマで英語

今学期から「海外ドラマで英語」というクラスがスタートしました。

images.jpg

「Brothers & Sisters」というドラマのSeason 1 を勉強しています。
ドラマを使っての勉強はなんといっても「楽しい」こと、
そして「英語がリアル」であることです。

このドラマは比較的わかりやすい英語なので、
中級レベルでも十分勉強できます。

第一話の初めから、

"I'm not the person you think I am."
"You guys have hardly spoken in two years."
"She could've called me."
"I don't have time for this."

などなど、
使える日常表現がどんどん出てきます。
会話の中から、
応用して使えそうな表現を毎回取り上げ、使えるように練習するだけでなく、
シーンごとにそのシーンでどんな展開があったのかを説明してもらうことで、
ボキャブラリーの使い方を覚えたり、説明する力をつけています。

5人兄弟の家族の周りでいろいろなことが起こる楽しいドラマです。
よく「どんなドラマを使って勉強したらいいですか」という質問を受けますが、
はじめは刑事ものやSF、裁判ものなどではなく、
普通の人達が普通に生活する中でいろいろな問題にぶつかって
解決していくようなドラマを選ぶといいと思います。
そういう意味ではぴったりかな。

ドラマは1つのエピソードは映画より短いし、
でも先が気になるからどんどん進みたいと思うので勉強には最適だと思います。


posted by Karry at 18:02| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

今年最初の質問

新学期も1月10日に無事始まりました。
学校のホームページも新しくなり、心機一転がんばりますよ〜。

昨日はお正月休み明けの元気なレッスン生の顔々をみてうれしくなりました。
昨年の発表会を観てくださった方々からたくさんの素敵なコメントをいただきました。
ありがとうございます。
次回は4月17日(日)に行われます。是非また観にいらしてくださいね。

さて、最近受けた質問の中に、
「英作文は効果ありますか?」というのがありました。
よくありますよね。左に日本語文、右に英文みたいなの。
答えは、YesだともNoだとも言えます。

もしあなたが文字を見てそれを直訳する傾向にあるのであれば、
答えはNOです。
また、英文を丸暗記しようと思うのであれば、それもNOです。

もしあなたが日本文をみてそのニュアンスをつかまえ、
ぴったりの英語表現は何かを考える人であれば、
答えはYESです。ただし時間はかけないこと。
瞬間的に英語を出す練習をしてください。

前者の場合はいくら日本語から一生懸命英語に直しても
不自然になってしまうことが多いし、だからといって
正解を暗記しても、一つ一つの単語やフレーズをすべて別物として暗記しようとするため、
定着率はとても低いのが現状です。

それに対して、後者はニュアンス・イメージを捉えて
自分の中にインプットされている自然な英語を使って英語化するという
プロセスを頭の中で自然にできるので瞬発力を養うという面では
大いに効果が期待できます。

ポイントとしては、
「文字にしばられない・ひっぱられないでイメージを大切に話す」事です。

当校のレッスン生はこの「イメージ」と表現をリンクさせる
イメージリンキングという学習法で勉強しているため、
この意識が随分定着してきています。
(まだ油断すると文字にひかれて直訳に走ってしまいますが 笑)

例えば、
仕事できないくせに遅刻ばっかりしている同僚がクビになったときいて、
「当然でしょ!」と言いたい時と、
とても頑張って賞をもらった同僚が、「運が良かったの」と言いました。
それに対して、
「あなた頑張ったからよ」と言いたい時、
直訳系の人は、「当然」って英語でなんだろうと考えます。
Of course? なんて。
次の例では、「頑張った」だからmade an effort かな?とか。

これ両方とも
deserve
を使えば簡単。
He deserves it. 「当然でしょ。」
You deserve it. 「あなたが頑張ったからよ。」

deserveを辞書で調べると、
「〜に値する」とか出てくると思いますが、
実際自分が話そうというとき「彼はクビに値する」と頭に浮かべて話しますか?
そんな感じの自分では決して言わないだろうというような日本語文を
よくテキストでみかけますが。。。

つまり言いたいのは、
deserveという言葉のニュアンスとイメージがあれば、
どんな言葉であってもその言葉自体に振り回されることなく
ぴったりの表現が選べるということです。

よく日本語を介さない英語脳をつくるといいますが、
これは日本語を文字として認識しそれを英語に直すのではなく、
イメージしたものが英語としてさっと出てくるようにするということです。
もちろん日本人ですから、頭の中で漠然と考えるのは日本語ですよね。
その漠然とした考えをパッと英語にできればいいわけです。

自分が直訳系かどうか判断する方法としては、
1.英語で話す時、1語1語切れ切れになってしまいがち。
  1語1語英語ではなんていうんだろうと考えてしまう。
2.アー、ウーとかが多い。
3.話すのに時間がかかる。
4.覚えたものを頭の中に文字として出してそれを読もうとするため、
  視線が変。(笑)アイコンタクトができない。

では、どうしたらいいでしょう。
まずは単語でもフレーズでもそれ自体がもつニュアンスをつかみ
どんな状況・場面で使えるかなーとイメージしながらインプットする。
できればチャンク(かたまり)でインプット。

で、言いたい事をイメージしたら瞬間的にパッと英語をだす練習をする。

結論としては、
日本語文をあくまでイメージとしてとらえ、英語にする練習をすることに
使うのであれば効果的だと言えるでしょう。













posted by Karry at 13:20| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

第6回発表会無事終了!

CIMG1798.JPG

お忙しい中発表会を観に来て下さった皆様、本当にありがとうございました。
今回はプレゼンが増えたこともあり、予定時間を少しオーバーしてしまいましたが、
大きなハプニングもなく、みんなとても頑張ってくれました。

1.最初はキッズコース
幼稚園クラスの子供たちがサンタモンキーになってチャンツ"Five Little Monkeys"を発表してくれました。
あまりの可愛さにみなさん笑顔になっていました。

2.「演劇を通して学ぶ英語クラス発表 英語音楽劇 裸の王様」
今回は前回に引き続き第一幕、二幕を続けて観ていただきました。
来学期末には初めから終わりまでを通してご覧いただく予定でいますので、
ご期待下さい。

3.「英語落語コース」実験プロジェクトの発表!
来学期からいよいよスタートするコース「英語落語コース」!
勇気あるレッスン生がこの企画に賛同し、『EA亭寿恵蔵』という高座名で
「ちりとてちん」という演目をを披露してくれました。
初めての試みなので、私にとっても寿恵蔵にとっても挑戦でしたが、
本当に素晴らしい発表でした!!!
予想以上のperformanceに、みなさんからお褒めのお言葉をたくさんいただきました。
本当によくついてきてくれたと思います。

4. 「会話クラス」のミニスキット発表
 ペアになって身近な場面での様々な短い会話を発表しました。
 みんななめらかにホントに自然な英語が出せていたと思います。

5. 「総合発音クラス発表 Jazz CHants」
 3つのグループによるチャンツと、全員による「Three Blind Mice」の輪唱をしてくれました。

6. 「英語演劇コース発表 Improvisation」
 今回は普段練習している Improvisation 「即興劇」をお見せしました。
 いろいろな短いフレーズを見せ、簡単な状況を説明し、
 それを実際にその場で演じてもらいました。

7. 「Reading & Discussion クラス発表」(2グループ)
   @羽生善治さんについて
   A人間の脳について
  「脳」についてのプレゼンでは、実際に会場の方々にテストに参加していただきました。

というように盛りだくさん!でした。
本当にたくさんお集まりいただきありがとうございました。


   
   





posted by Karry at 00:30| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

「日本」を英語で発信!

ENGLISH ARTWORKで大事にしている事の一つに、
『日本人として「日本」を英語で世界に発信できるか』というテーマがあります。

もちろん英語を母国語として話す国の文化を知ることも大事でしょう。
でもなんだかそちらの方に重点が置かれすぎている気がしてなりません。

リーディング教材をみてもなんだかアメリカの著名人についてのものや、
アメリカの歴史、アメリカの大統領の演説などもちろん英語の教材としては
いいのはわかるし、勉強になるものもたくさんあります。
でもそれと同時に日本人として日本を英語で発信できる力もつけるべきだと考えるのはわたしだけでしょうか。

日本人としてきちんと日本のことが語れる人って素敵ですよね。
外国の方と話す機会があるたび思うのは、
日本人に比べ自国のことがきちんと語れる人が多いということです。

どんな事を聞いてもひと通り説明してくれられるのには驚かされます。
それが交換留学できている大学生であっても。
日本の大学生が外国でどれだけ日本のことを説明できるかというとちょっと不安になります。
(これもちろん日本語でもという意味です。)

なんでもいいと思うんです。
別にむずかしいことじゃなくても。
政治とか経済、国の仕組みとかが語れなくても、
日本独自の文化や日本人が大事に思っていることなどが
普通に言える、それって素敵なことじゃないでしょうか。

EAでは、
リーディングクラスでも今、中級クラスで「緒方貞子」さん
初級クラスで最近コンピューターが女流棋士を破ったことでニュースになった「将棋」を取り上げ勉強しています。

また劇団員達は来年の公演に向けて
「千羽鶴」を練習中です。

これは佐々木禎子さんという原爆の子のモデルとなった少女のお話です。
海外では学校の教科書として使われているぐらい有名なのですが、
日本でも知らないという方も多いとききます。

小さな事かもしれませんが、
日本を発信する1つのいい機会になってくれればと願っています。

ぜひ参加してみたいという方は、
まだ大丈夫ですよー。ご連絡お待ちしています!

posted by Karry at 16:54| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

3ヶ月集中スキル特化クラス募集開始!

9月25日から12月18日までの3カ月1クールで行われる、おなじみニコール先生のスキル特化クラスの募集が始まります!

募集クラスは以下の4クラス:

1.ビジネス英語
You will learn how to describe your job responsibilities and a variety of company profiles. In addition, you will learn how to check for product information, as well as to express satisfaction and dissatisfaction with a product. The course will also cover how to run meetings, such as arranging schedules, preparing agendas and chairing a meeting. Finally, you will learn how to offer
and negotiate solutions.

2.ワールドイングリッシュ
This course will introduce you to different types of Englishes spoken
throughout the world (World Englishes). Specifically, you will learn
about the vocabulary, grammar and phonological features of standard
(American, British, and Australian English) and non-standard
(Singaporean, African and English as a lingua franca) dialects. We
will also examine the spread of English and its effects on education,
business and the media on a global scale. Classroom activities will
mainly focus on pair and group work to help you develop your
speaking and listening skills.

3.ディスカッションテクニック
This course will help you develop your conversation and
discussion skills through sharing your opinions. You will learn
conversation strategies, such as soliciting ideas, getting
clarification and confirmation, expressing levels of agreement,
and adding evidence and examples to support your ideas.
In each lesson, we will focus on critical thinking through
comparing information and reflecting on our personal
experiences.

4.ノートテイキング&リスニングストラテジー
This course will expose students to a variety of recorded media. Each
lesson will focus on how to recognize the difference between main
ideas and details in listening tasks. Students will also learn how to
summarize listening tasks orally and in written form. Finally, students will learn a variety of note-taking strategies for listening to academic lectures, such as how to use abbreviations and symbols to take notes more quickly.

期間:2010年9月25日(土)〜12月18日(土)

授業料:各クラス1時間授業4レッスンで12,000円
    1クール12レッスン36,000円です。

人数:最大6人の少数クラス

*8月中にお申し込みの方は早期申し込み割引が受けられます。

お申し込みはメールにてお願いいたします。

info@englishartwork.jp

ENGLISH ARTWORK英会話教室
渋谷区恵比寿西2-17-4 イースト代官山3F
03(3780)1514






posted by Karry at 19:43| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

子供英語とママクラス

キッズコース開始してはや2ヶ月がたちました。
早いものです。
幼稚園クラスの子供たちはとっても元気!

大きな声でチャンツや歌などを楽しそうに練習しています。

わが校の特色として他にはないと胸を張って言えるのは、
子供たちのクラスの裏にママクラスがあること!

最近のママたちはとっても意識の高い方が多いんです。
英語に入れている間に優雅にお茶と思いきや、
子供に負けてはいられないと、ママたちも一生懸命お勉強。

いいですよね〜。
こういう素敵な女性はとことん応援したくなります!

当校ではフォニックスを用いて徹底的にきれいな発音が身につくよう
指導しているので、子供たちはビックリするほどいい発音になります。

お家で一緒に歌ったりお話ししたりするときも、
ママの発音がいまいちではねェ(笑)。。。

そこで、ママクラスでも発音を徹底的に丁寧に勉強しています。
きれいな発音で英語の絵本を読み聞かせ出来るようになったら
いいですよね〜。

表現も子供たちはスポンジのようにどんどん吸収していきます。
負けていられませんよ〜!
ママたちもこの調子で頑張りましょう!



posted by Karry at 18:15| Comment(2) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

スキル特化コース申し込み状況

今日5月3日は、憲法記念日です。

Constitution Memorial Day (May 3); day for commemorating the enforcement of the Constitution and reaffirming hope in the growth of the nation. (The Constitution was enforced on May 3, 1947.)

先日はニコール先生のセミナーに多数ご参加いただきありがとうございました。
いよいよ始まる特化コースのお申し込み状況についてのお知らせです。

なにせ定員が8名ということで、
「ワールドイングリッシュ」、「ディスカッションテクニック」
の2クラスはあと残り若干名となっております。
お申込みをお考えの方はお早めにどうぞ。

大学講師に少人数クラスで習えるいい機会なので、
どうぞふるってご参加ください。

詳細はホームページをご覧ください。

ENGLISH ARTWORK英会話教室
http://englishartwork.jp


posted by Karry at 09:48| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

文法と感情

ここのところ英語学習について書いていなかったので。
またまたクラスでの出来事から。

海外からの留学生が家を離れてホームシックになっています。

"It's not easy being away from home."

さて、ここである生徒さんが、
「これは文法的にあっているんですか?」
と言い出した。

彼女に言わせると、
学校でならった構文に照らし合わせると、
It+be+形容詞+to不定詞が正しい形だと。
つまり、
It's not easy to be away from home. が正しいと。

そこで私が、
「どちらも文法上間違いではないしどちらも使えますよ。」と説明。

そこで彼女納得。

え〜〜〜???

ホントにそれで納得できるのー?
つまり大事なのは「文法的にあっているかどうか」なの?

その違い自体に意味があるのかどうかはどうでもいい。
この留学生が何を言いたかったのかを考えようよ!
もちろん中にはほとんど意味の違いなどなく、ただどっちでもいいというものもありますが、たいていは理由があって使い分けられている場合が多いんです。

この場合も、〜ingが使われていることの意味がわかれば
彼女の言いたい事も自ずとわかる。
今まさに家から離れている状態での感情をわかってほしいからこそ、
〜ingを使っているんです。
〜ingとto不定詞の違いっていうと形とか構文とかしか考えないでしょ?
でも、ニュアンスの違いもあるんですよ!

to不定詞には、「不定詞は時間的に未来を指向する行為・状態」というようなニュアンスがあります。
それに対して、〜ingは、はその進行形という形からもわかるように、「述語動詞と同時に行われている行為・動作、または既に行われたか継続的に行われてきた行為・動作」を意味します。

だから、学校では,
「〜するのが好きなんです」と言いたい時は、
I like to 〜. でも
I like 〜ing.
でもどっちでもOKと教わります。もちろん文法的にはどっちも間違っていません。

でも、この2つニュアンスが違います。
例えば、自分がやってきてこれからもやるであろう趣味を言いたい時、ネイティブスピーカーは、たいてい
I like watching movies and reading books.
のように〜ing形を使います。
上のニュアンスがわかっていれば、理解できますよね?

誰かと話しをした後で、
It was nice talking to you.
東京に住んで快適と思っている人が、
It's nice living here in Tokyo.
のように〜ing形を使うのもうなずけますよね。

英文法って日本語で直訳できないものや、ルールではカバーできないものがいっぱい。
もともと「時制」を一生懸命カテゴリー分けしてルールで覚えようということ自体に無理がある。
だって、
「未来形はwillとbe going to で、どちらを使っても大丈夫」
なんて教えられてもね〜。

「でも場合によっては現在形や現在進行形を未来形として使うこともあります。」なんて。ますますわからん!

以前に未来形の話を書いた時も同じようなことをいいましたが、
時制をきちんと使い分けて話せるようになるためには、
まず、自分の言いたい事がどのような形を使えばそのように伝わるのかを知ることが一番重要です。

「文法」と「感情」を切り離して考えること自体がナンセンス!

過去形だって、「過去に起きたことを言います」
とか言っておきながら、
「丁寧な表現の時も過去形が使われます」とか、なにそれ?
これも、過去形と呼ばれているものにどんな意味・ニュアンスがあるのかがわかれば、どれもこれも例外として覚えなくてもいいんです。

こういうニュアンスって、ネイティブスピーカーは意識することなく自然に考えることなく使い分けているので、
英語講師をしているネイティブでも、
「あ〜そういわれればそうだー。」なんていう場合が多いです。(笑)
でも日本で学ぶ英語学習者には、このニュアンスの違いこそ知りたい、知らなければならないことなのでは?

ちょっと視点を変えるだけで随分文法の勉強も楽にそして面白くなりますよ!











posted by Karry at 12:06| Comment(2) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

24日の英語セミナー若干名受付中!

17日に行われたネイティブ大学講師による「ビジネス英語」と「ワールドイングリッシュ」の2セミナーに多数お集まりいただきありがとうございました。

「すごく勉強になりました」
「5月開講のクラスをぜひ取りたいです」
という感想をたくさんいただきうれしいかぎりです。

今ビジネスでいろいろな国の人達と仕事をしなければならない状況にある方たちってたくさんいらっしゃるんだなーとあらためて思います。
また、ビジネス英語も通り一遍の事ではなく、どのような表現を使ったら相手にどのように受け取られるのかといったようなところまで勉強できるので、今回セミナーは日程的に無理だった方も、5月開講の3ヶ月1クール(12レッスン)お勧めですよ!
各クラス定員がありますので、お申込みはお早めに!

さて、今週の土曜日、24日には「e-mailライティング」と「ディスカッションテクニック」の2セミナーを予定しています。
まだ若干余裕がありますので、よかったらぜひ参加してみてください。

日時:4月24日(土)
「e-mail ライティング」午後1時〜2時
「ディスカッションテクニック」午後2時15分〜3時15分
受講料:各2千円

お申込みは下記までお願いいたします。
info@englishartwork.jp


ENGLISH ARTWORK英会話教室
03-3780-1514
http://englishartwork.jp



posted by Karry at 11:22| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

キッズコース無料体験レッスン参加キッズ募集

5月から開講するキッズコースの無料体験レッスン第1回が4月21日に行われます!
  
  日時:2010年4月21日(水)14:30〜15:30
  対象:3才〜6才

当日は、デモレッスン+カリキュラム説明などを予定しております。

ENGLISH ARTWORK英会話教室では、

「ただ英語で楽しく遊ぶ」あるいは、
「勉強として知識を詰め込む」英語ではなく、

「楽しくて同時に将来役立つ英語を身につける」
という目標のもと、
Chants、読み聞かせなどを含む様々なアクティビティーを通して、
英語でのコミュニケーション力をつけていきます。

ぜひこの機会に体験してみませんか?

お問い合わせ、お申込みは下記までお願いいたします。
info@englishartwork.jp

ENGLISH ARTWORK英会話教室
恵比寿駅5分、代官山駅3分
03(3780)1514

http://englishartwork.jp

posted by Karry at 13:52| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

期末テスト

テスト週間も無事終わり、
今週は採点の真っ最中!
採点が終わると、今学期その生徒さんがどうだったのかを細かく分析し、カウンセリングウィークで、一人ひとりアドバイスします。

今学期に習ったことがどれくらい身に付いているのか、どのくらい実際上達しているのかを
生徒さんも私たち講師も確かめることができます。

一人ひとりを徹底的に分析するため、
テストは4スキル「話す」「聴く」「読む」「書く」
全てにわたっています。
したがって時間もかけます。
「発音」も一人ひとりテストします。

さすがにテスト終了時にはみなさん疲れた様子(笑)でしたが、
普段のチェック、小テストに加え、この期末テストが加わることでより、何が問題点なのかを生徒さん自身が感じることができたのではないでしょうか。

そして直後のクラスでは今学期、大反省会をしました。
これが少人数のクラスの良いところ。
普段のクラスでもそうなのですが、
みんなで出来るようになろうという意識がとても強いので、
誰かの間違いをみんなで考え、
ディスカッションを通して正しい答えを導きだしていきます。

自分たちで間違いに気づくというのが一番重要です。
単に答えを教えられても、「ふ〜ん」と思うだけで、たいていは何も残りません。
どうしてもわからない時は、
正しい答えを出せた生徒さんには、どのようにして
その答えを導き出したのかを間違えた生徒さんに説明してもらうことで、さらにスピーキングの力を上げていくことができるので、
一石二鳥とでもいいましょうか。(笑)

日頃から日本語禁止の環境で勉強をしている生徒さん達なので、
自然と英語で話し合う力はついていくのですが、
それに加え、誰かに何かをわかりやすく説明するというのを加えることでさらに効果的になります。

前もって準備できるプレゼンはうまくできるのだけれど、
誰かに質問され、答える時はしどろもどろになってしまうというのも、
この力が欠けているためです。

誰にどんなことを聞かれても、
ひるむことなく、相手にわかりやすく説明できる能力をつけていくのはとても大事なことだと考えています。

前にも書きましたが、「瞬発力」、そして、
ひとりよがりにならない「コミュニケーション力」です!



★4月に行われるニコール先生による英語セミナーへたくさんお問い合わせをいただきまして、ありがとうございます。
その中で、「関係者、在校生でなくても受講できますか?」というお問い合わせがありました。
このセミナーは、「公開セミナー」ですので、どなたでもご参加可能です。
どうぞお気軽にご参加ください!

詳細は、ホームページをご覧ください。
http://englishartwork.jp










posted by Karry at 10:28| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

ネイティブ大学講師による英語セミナー(先着20名様無料ご招待)

ネイティブ大学講師による英語セミナー開催!

ライティングセミナーでおなじみのニコール先生によるセミナーの開催が決定しました!目からウロコの内容です!ぜひこの機会に体験してみて下さい。
 
4月17日(土)
   午後 1:00-2:00 「ビジネス英語」 
   午後 2:15-3:15 「ワールドイングリッシュ」
  4月24日(土)
   午後 1:00-2:00 「e-mailライティング」
  午後 2:15-3:15 「ディスカッションテクニック」

講師: ニコール・タケダ先生 (青山学院大学・明治学院大学講師)
 受講料:1セミナー 2,000円
(全セミナーお申し込みの場合は8,000円のところ6,000円)

  ※今回特別に、先着20名様に限り1セミナー無料で受講いただけます!

お申込みはメールにてお願いいたします。
info@englishartwork.jp

ENGLISH ARTWORK英会話教室
渋谷区恵比寿西2-17-4 イースト代官山3F
03(3780)1514
http://englishartwork.jp

posted by Karry at 11:11| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

英語上達の早道

最近つくづく思うこと。

生徒さんにとって一番効果的なのは、
個人チェックやテストを通して常に「伸び」や「弱点」を確認し、適切なアドバイスすること。

ここで実はいろいろなことがわかるんです。
丸暗記ではなく意味やニュアンスがわかって
習った表現が使えているか。
文法は適切か。(正しいかもありますが、どちらかというと状況をふまえて適切に使えているかに重きをおいています)

もちろん復習をきちんとしているかどうかもわかります。(笑)
一人ひとりに対するこのような確認とアドバイス、本人の復習があってはじめて「上達」するのだと思います。

どちらが欠けてもだめ。
必要なのは、英語について教えてくれる「先生」ではなく、
英語を上達させてくれるコーチ」です。
適切な練習メニューと、アドバイスを受けられるコーチです。
走るのはあくまでもあなた!

特にスーパー上級の方以外の初級・中級の英語学習者のみなさんは、
テクニックやルールにフォーカスして勉強するのは危険です。

形やルールにばかり集中する癖がついてしまい、
本来理解しなければならない事がかえってわからなくなってしまいます。また、自分の弱点がわからず行き詰ってしまう。違う方向に一生懸命努力して時間を無駄にしてしまう。

中学や高校でこの方法で習ってきた多くの人がいまだに英語と格闘しているのに、なぜまだこの方法を捨てられないのか、なぞです。

ルールやテクニックをレクチャースタイルで習っていると、
なんかすごいことを勉強しているという錯覚を持ちます。
また「勉強しているんだ」という変な自己満足感が得られます。
定義や英文をよくわからず丸暗記していると得られる変な満足感と似ています。
気分的には多分楽なんでしょう。

英語学校としても、
こういうルールを教えるようなクラスって楽だしキャッチ―なんです。
でも違うと断言しちゃいます。

ちょっと冷静になって考えればわかるはず。
「伸びてない」って。

実際それが後々ネックとなって、
上達の妨げになって悩んでいる例をずいぶん見てきました。

例えば、
会話が相手に通じないのは「発音」のせいだと思い込み、発音クラスを取って1つ1つの音の練習に明け暮れたけれど変わらず。実際は話す内容そのものに問題があったり。

文法が弱いといって分厚い文法書と格闘した挙句、何が何だかわからなくなっただけでなく、考えすぎてよけい言葉がでなくなったり。

リスニングが弱いのは音が聴き取れないせいだと思い、音のつながりのルールを勉強してはみたものの上達せず。実は音に集中するあまり、全体の意味をとらえることができなくなっていたり。

結構思い込みって怖いんですよねー。
こういう思い込みをして無駄なことに時間を費やしている生徒さんに、
なにが実際「弱点」で、どういう学習をしていったら「伸びる」のかをアドバイスする「コーチ」が一番必要なんです。
しかも、「リーディング」だけとか、「リスニング」だけとかではなく、総合的に判断してくれる「コーチ」が必要です。

この「コーチ」と「学習者」に信頼関係がきちんとあれば、
絶対に「上達」します。

というと、じゃあプライベートレッスンがいいかというと
そうでもありません。
レッスンのたびに週末何をしたのかを聞かれてそれに半分の時間を使い、1話完結のようなレッスン内容ではなんの上達にもつながりません。

グループレッスンのいいところもいっぱいあります。
もちろん少人数がお約束。
クラスで他の学習者と学ぶことで、競争心も生まれますし、
人の間違いから学ぶことも多いはず。

要は、学校や先生を選ぶ時、いかに一人ひとりを総合的によく見てくれているかを判断材料にしてみてください。

posted by Karry at 19:09| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。