2011年03月23日

レッスン生の皆さま


このたびの東日本大震災により被災されている皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
皆さまの安全と健康、そして被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

ENGLISH ARTWORK英会話教室は、3月21日(月)から通常授業を開始しております。
ただ、「計画停電」の実施、「公共交通機関」の乱れなどにより通学がままならないレッスン生もいらっしゃるかと思います。

 私どもは、振替・補講授業等、学校として出来る限りのサポートをさせていただくつもりでおりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

Karry Nohmura

posted by Karry at 13:22| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

フォニックスのすすめ 発音のルール 

「発音」とは個々の音だけでなく、「イントネーション」や「リズム」などいろいろな要素が含まれていると以前お話ししました。

でも基本はやはりしっかり個々の音が出来ていないと、音をつなげられなかったり、違う言葉に聞こえてしまったりと弊害がでてきます。

「発音があやふやな単語や、知らない単語は自信がないので、もごもご小さい声になってしまう」
という経験ありませんか?

わたしは小学校の時に、フォニックスという発音のルールを使って徹底的に発音を習いました。
そのおかげで、その後発音ではあまり困った記憶はなく、はじめてみる単語や人の名前でも、だいたいのものはほとんど正しく発音できます。
これって水泳や自転車乗りのようなもので、一度身についたものは一生ものです。

もちろん英語は例外の多い言語なので、
すべての単語がこのルールにあてはまるわけではありません。
実際これを指摘する人たちがいるのも事実です。
でも、たとえ70%でも、てがかりがあるのとないのとでは全然違うと思いませんか?

「では発音記号を覚えれば?」という人よくいるのですが、
これは、辞書で調べたときに発音を「確認する」という意味では必要だと思いますが、常に辞書を持ち歩いて調べるの?
しかも一語一語個々に覚えなければいけないとしたら気が遠くなってしまいます。

フォニックスとは「スペリング」と「音」との関係をルールにしたものです。
例えば、「au」や「ai」 という部分がその語の中にあった時、
すぐに音が想像できますか?

スペリングをみたら、まず音でその単語を分割(break down)できるか、そしてその音が正しく出せるかが重要なのです。

ネイティブの人たちは発音記号を知らない人ほとんどです。
みんなこのルールを使って小学校のときに「読み方」を習うので、
読めるようになります。

これからちょこちょここのフォニックスについて触れていこうかなと思っています。


ENGLISH ARTWORK英会話教室
渋谷区恵比寿西2-17-4 イースト代官山3F
03(3780)1514
http://englishartwork.jp









posted by Karry at 08:12| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

期末テスト!

さて、今週はテスト週間です。

日頃のテストで習ったことがきちんと理解できているかはチェックしてきましたが、ここではそれらがきちんと応用できるか、つまり実際に使えるのかを見せてもらいます。

文法、語彙、表現はもちろん、発音も含まれます。
せっかくいろいろなことを習っても、いざ自分で会話する状況におかれたら、それらが生かされないのでは意味がありません。

理解できただけじゃダメ!
覚えただけじゃダメ!
それがじゃあ実際使えるのか、そこが問題です。

文法も、知識としては理解できているのだけれど、シチュエーションごとに的確な文法を考えることなしにパット選べるのかが勝負です。
語彙や表現も、せっかくインプットしても、会話するときそれらを使わないのでは、結局同じ語彙や表現を使いまわしていて進歩がありません。

発音にしても、クラスの中では練習したフレーズはうまくいえるようになっても、自分でそのフレーズを使って応用させた時、元の自分の悪い癖が出てしまうというのではなんにもなりません。(そういう人多いよね)
FAでも、練習はいっぱいして、そのダイアログそのままだったらきれいに言えるのだけれど、普段話しているときは「あれ〜?」っていう人いままでもたくさん見てきました。このギャップは何?っていう感じ?

つまりそういう細かいところまでじっくり見せていただきます。
ここまでやってはじめて習ったことが身に付いているのかがわかるのだと思います。

なので、冷や汗タラタラのオーラルテストを受けていただきます。(笑)

これを繰り返していくうちに、インプットしたものを生かすことができるようになっていきます。

posted by Karry at 10:42| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。