2011年10月27日

Halloween Jack-o-lantern

111027_103239.jpg

今年もハロウィーンが近付いてきました。
学校もハロウィーンモードの飾り付けになっています。

キッズクラスの子供たちが飾り付けをみたとたん大騒ぎ!
子供たちのうれしそうな顔を見るのが楽しくてついついやりすぎちゃったり。


ハロウィーンにまつわる様々なものの起源や歴史などを説明してくれているサイトを見つけたのでご紹介!

http://www.halloweenishere.com/history.html

その中でもHalloweenにつきもののカボチャ(Jack-o-lantern)についてのお話は子供たちに簡単にしてお話してあげるととても喜びます。
特にジャックと悪魔の駆け引きが面白いらしく、また、
大人でも知らないという方が多いので、
みんなに得意になって披露できるという点でも子供たちに人気です。

みなさんも“ドヤ顔”できるチャンスかも(笑)。

posted by Karry at 10:53| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

「東京スクールガイド」に掲載されました!

昨年学校に出版社から取材依頼があり、
取材を受けました。どんなふうに記者の方が書いて下さるのか
楽しみにしていましたが、
その本がとうとう発売になりましたー!

「TOKYO SCHOOL GUIDE」東京スクールガイド
〜本当の自分に気付かせてくれる学校に出会える本〜
発行:(株)ライフサーチ
販売:(株)ジャパン・プランニング・アソシエーション
本体価格:1,600円(税込価格:1,680円)

なんと2ページにわたってENGLISH ARTWORK英会話教室が紹介されています。

01301219_4b63a53faa000.jpg

今日有隣堂に行ったら並んでいました。↓

100207_194628.jpg

よかったらチェックしてみてください!

ENGLISH ARTWORK英会話教室
恵比寿駅5分、代官山3分
渋谷区恵比寿西 2-17-4, イースト代官山3F
03-3780-1514

HP: http://englishartwork.jp

お問い合わせ:info@englishartwork.jp

posted by Karry at 23:38| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

Hope For Haiti Now:A Global Benefit for Earthquake Relief

ハイチ地震関連のニュースは日本でもボチボチ報道されていますが、
アメリカでは毎日毎日どんどん関連のニュースが流され、
知らない人はいない、無関心ではいられない状況になっています。

Tuesday afternoon, January 12th, the worst earthquake in 200 years - 7.0 in magnitude - struck less than ten miles from the Caribbean city of Port-au-Prince, Haiti. The initial quake was later followed by twelve aftershocks greater than magnitude 5.0. Structures of all kinds were damaged or collapsed, from shantytown homes to national landmarks.

imagesCA3UN17Q.jpg

今日は朝からMTVでHope For Haiti Now Telethonという番組を世界同時放映しています。(今まさにライブでやっています)

More than 130 of Hollywood's biggest stars came together Friday (January 22) for MTV's "Hope for Haiti Now: A Global Benefit for Earthquake Relief" telethon.

有名どころのミュージシャン達が次々と出てきて歌い、
映画俳優たちが募金の電話を受け、語りかける。

arts-haiti-cp-584.jpg

ひとたび災害が起きるとすごいですよね、この団結力。
そして、オバマ大統領はすかさずハイチ募金した人が税の控除を受けられる法案に署名。

Shortly before the telethon, President Obama signed into law HR 4462, which allows taxpayers to accelerate the income-tax benefits for certain charitable cash contributions made before March 1, 2010, for the relief of victims of the earthquake in Haiti.

政府とメディアと人々が一体となってやれば、
すごい効果のある活動ができるんだなーというのを目の当たりにして、
日本はまだまだだと思わされます。日本も税の控除をすれば、もっと増えそうなのに募金する人。

日本の募金は方法がまちまちでわかりにくい。
いちいち郵便局や銀行で振り込まなければいけなかったりで
めんどくさい上に、どこにしたら本当にちゃんとハイチのために使われるのかが疑問!
「詐欺に注意」なんていう呼びかけも多いからなおさら。

アメリカのように、「電話かけると自分のPhone Billに10ドル追加されて請求される」とか、「何ドルとクリックしてクレジットカードにつく」とかだと簡単。募金がどの団体にいくのかも赤十字社やユニセフなどの団体が書いてあってわかりやすい。

日本人だって、簡単な方法で募金できたり、何か自分ができる範囲で役に立てるのならしたいという人はたくさんいると思うんです。

娘が小学校の時、定期的に「ハイチデー」という日がありました。
これはたしか、貧困で苦しむハイチの人達のためのプロジェクトで、子供たちはその日のお弁当はご飯だけ。
おかずを食べるのを我慢してその分にかかるであろうお金を募金するというものでした。今考えると、「自分ができる範囲で困った人に何かをする」という意識を育てるという意味では、とても画期的だったなと思います。「募金」してくださいというのはよくありますが、「何かを我慢する」ことによってというところに意味がある気がします。

Haitiでは物資不足から略奪も起きていると聞いています。
早く物資や医療品が彼らのもとに届くことを願っています。
posted by Karry at 13:03| Comment(2) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

ホテル派?コンドミニアム派?

あなたはホテル派ですか?それともコンドミニアム派ですか?

そうですよねー。旅行や滞在の目的によっても違いますよねー。
私は、長期滞在でゆっくりした時を過ごしたい場合は、
断然コンドミニアムを選びます。あるいは長さによっては
家を借りちゃいます。

私の両親は、年に約半年近くハワイに住んでいます。
もちろんホテル暮らしは不便。
地元の不動産屋さんから家やコンドミニアムを借りています。
地元のスーパーで新鮮な食材を買って自分で料理もできますし、
洗濯だってできる。なにより、広い空間がうれしいですよねー。

今回の家は、こんな感じ。

CIMG0906.JPG

ゲートつきの安心なコミュニティーになっていて、
中心部にはプールもあります。

3ベッドルームにパティオ、バーベキューのできるお庭など、
十分すぎる広さの戸建てです。

これがマスターベッドルーム。(もちろん広ーいバスルームやウオークインクローゼットも)
CIMG0841.JPG

2階から見た吹き抜け部分
CIMG0850.JPG

リビングルーム
CIMG0857.JPG

ダイニングルーム
CIMG0859.JPG

ダイニングから続くパティオ
CIMG0858.JPG

昨年に引き続き、家のテラスの椅子で見つけゲコの写真も。
CIMG0897.JPG

たとえば近くのヒルトンなどのホテルでツインの部屋を3つ借りることを考えると多分半分ぐらいで借りることができます。
もちろん不動産屋さんとの交渉は自分でしなければなりませんが。

で、近くのビーチで、こーんな景色をみながらリラックス。
CIMG0933.JPG

地元の不動産屋さんに聞いてみると結構掘り出し物とか、
ディスカウントになっている物件などを教えてくれますよ!
トライしてみて! 英語の勉強にもなるかも(笑)。





posted by Karry at 08:33| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

Happy New Year!!!

昨年のクリスマス前から年明けまで、年中行事の
両親のいるハワイ島のコナに行っていました!
コナサンセットで有名ですよねー。オレンジ色の太陽が沈んでいく様子はホントにうっとりです。

abaysunset26_b8.jpg

ハワイというのは(特にハワイ島)不思議なもので、
何年か行っていなくてもほとんど変わってない(笑)
もちろん、1車線だった道路が2車線になっている区間があったり、
新しいショッピングセンターができたりはしていても、
古い街並みはそのままだし、
スーパーやそこに働く人など、ホントに変わってない。
同じ棚に同じものがならんでいる(笑)。

ハワイ島は、日本の免許で車が乗れるので便利です。
両親のコンドミニアムは、Kohala Coastにあり、町から離れているため、車は必需品です。

とにかくリラックスしたい時はここというくらい
時間がゆっくり流れています。

Hapuna Beachが近いので、
Beachでのんびりしたい時はここへ。

hapunabeach3_b8.jpg

hapuna1206_01b8.jpg


溶岩でてきているといってもいいほど見渡す限り溶岩が広がるこの島で、ホワイトサンドビーチは貴重です。

大きなホテルの近くや土産物店のあるダウンタウンに近寄らなければ、
日本語を聞くこともほとんどありません。

とにかくあわただしい日常から解放されたい、
ボーっとしたいという方にはおすすめですよ!

さて、今年はEAも飛躍の年になりそうな予感がします。
今月にはEAがフィーチャーされた待望の本も発売予定ですし、
新しいコースや日曜朝のセミナー開始など、
盛りだくさんで、さらに進化していきますよー。


おしゃれな代官山で本格英語
ENGLISH ARTWORK英会話教室
恵比寿駅5分、代官山3分
http://englishartwork.jp
03(37801514

posted by Karry at 10:18| Comment(2) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

速水御舟展 −アートの英語−

家の近所に突然美術館がオープンて、一気に観光スポットのような
にぎわいを見せています。

それが山種美術館とわかって、驚きとそしてうれしさ!
さっそく開催中の「速水御舟展」に行ってきました。

速水御舟は、大正から昭和初期にかけて活躍した日本画家。

Hayami Gyoshu was a talented Nihonga painter of the Taisho and Showa eras.

今回は「重要文化財」に指定されている2店を含む120点もの作品が展示されています。

In this exhibition, 120 pieces of work are on display, including two national important cultural properties.

[重要文化財] important cultural property

1."Dancing in the flames"

300px-Enbu_by_Hayami_Gyoshu.jpg


2. "Camellia Petals Scattering"

pic01.gif

こんなにたくさんの御舟の作品が見られるのは山種だからでしょう。

日本画はあまり詳しくはないのですが、
御舟が常に新しい手法を取り入れようとしていたのが作品を見ていると
伝わってきます。

Throughout his life Gyoshu challenged himself over and over again with new experiments.

彼のチャレンジ精神は彼の発言からも。。。

"The courage to climb to the top of the ladder is noble, while those who climb down from the perch and then climb back up it are all the more noble. … More so than those who have the courage to climb up, those who have the courage to climb down are those in possession of truly great power." (山種美術館HPより)

ヨーロッパ旅行に出かけた時の日記や、その時のスケッチなども展示され、また、帰国後取り組んでいた巨大な群像画が未完の下書きとして展示されているのがおもしろい。

個人的には、彼の描く繊細な花々がとても印象に残りました。

pic03.gif

展覧会は11月29日(日)まで開催しています。

山種美術館
東京都渋谷区広尾3−12−36
03-5777-8600

【徒歩でのアクセス】
JR恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線恵比寿駅 2番出口より徒歩10分

【バスでのアクセス】

■  恵比寿駅前より日赤医療センター前行都バス(学06番)に乗車、「広尾高校前」下車徒歩1分(降車停留所B、乗車停留所C)
■  渋谷駅東口ターミナルより日赤医療センター前行都バス(学03番)に乗車、「東4丁目」下車徒歩2分(降車停留所@、乗車停留所A)









posted by Karry at 10:23| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

Obama's Nobel Peace Prize

ノーベル賞をもらったのはいいけれど・・・。

He doesn't deserve it.
「彼はノーベル平和賞に値しない。」

とか、

Should Obama turn down the Nobel?
「オバマはノーベル賞を辞退すべき?」

Obama's Nobel is premature.
「オバマのノーベル賞は時期尚早。」

などという意見が多いですねー。
確かにまだ何かをやり遂げたわけではない。
まあ、成し遂げてほしいという期待を込めた受賞だということでしょうか。

で、おもしろいcartoonを見つけました!

the_week_15158_27.jpg

Oops!
と、
troops
をかけてるところがおしゃれでしょ?



posted by Karry at 22:48| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

How can you not know 〜?[英語らしい表現]

この表現、映画やドラマを見ていると時々お目にかかります。

でも、学校では習いませんねー。
へんに文法をかじった人などは、
「"not"の位置が変だ」なんて言うかも(笑)。

でもこれでいいんです。
ここに"not"があることで、

「〜を知らないなんてことありうるの???」
っていう驚きが表現できるんです。

例えば、
"How can you not know the difference between a panda bear and a koala bear?" [ドラマWest Wingより]

「パンダとコアラの区別がつかないなんてことあるの???」

や、

"How can you not know you're pregnant?"
「妊娠してるのを知らないなんてことあるの???」
よく、生まれるまでわからなくて自宅で出産してしまった
高校生の話などをききますよね。

Speaking of 「位置が間違ってる」、
これも、間違っているんじゃないかって真剣に言う人よくいますよ。

What kind of a question is that?

"a"の位置が変だっていうんですが、
これでいいんです。

「何その質問!?」
ちょっと怒っているニュアンスがわかりますか?

posted by Karry at 10:24| Comment(2) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

What do you know about Japan?

今学期から、
「日本を英語で紹介!」というクラスが始まりました。

日本の事を聞かれたら、
英語でパッと答えられるようになろう!
という目的で勉強していくクラスです。

他の国から来た人と話していつもすごいなーと感じるのは、
自国のことがなんでも説明できること。
いろいろな統計的な数字をはじめ、
歴史、政治など年号を織り交ぜながら、
語れる語れる。

日本人って日本語でもそれだけのことを
パッパッと語れる人そんなにお目にかかったことありません。

なんでも語れるっていうところまではいかなくても、
基本的なことは説明できる方がいいですよねー。

なので、これからいろいろな分野から毎回違ったトピック
について勉強していきます。


これらの質問に答えられますか?

Where is Japan?

How big is Japan?

How many islands are there in Japan?





posted by Karry at 23:52| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

Naoki Urasawa's 20th century boys

OCAKR2W71CA3RCNB7CAW2PLS4CA49QAJNCA1T2BWDCAH2UP5ACALH5V5PCA7FNH7NCA6Y9QBHCABR216MCA8WZVRQCA1EF1WNCAFFVNAKCA1N6HAGCAFL04BMCA8I6C80CA3YP1NYCABGWNAVCAZ5SLXH.jpg

「20世紀少年」の最終章が封切りになりますね〜。
これ、実は日本以外の国でも人気あるようです。

英語では、
"20th century boys"

なんと、アメリカのオフィシャルサイトを見つけました。
http://www.vizsignature.com/20CB/

Storyをクリック!

"Kenji wrote "The Book of Prophecy" in his boyhood. Now this childish fantasy has become the scenario for the Friend's fiendish plot to destroy mankind. Kenji goes underground and waits for a chance to fight back.
Meanwhile, the evil organization is closing in on a man called Shogun in the ganglands of Bangkok. The mystery grows deeper, the fear more intense, as we near the final battle at the turn of the century... Is there really any way to save the world from annihilation?"(オフィシャルサイトから)


The trailerも見れますよ!

コミック漫画を通して、日本文化に
興味を持つ人が増えているそう。

今日のニュース番組で、
LAにラーメン屋さんが増えているというニュースを見ました。
一人のお客さんが、「漫画でラーメンを食べている場面があっておいしそうだったから」がきっかけでラーメンを食べてみたと言っていました。
週1で食べているという人もいて、みんなおいしそうに食べていました。

辞書にも、ついに、
"ramen" というのが載ったそうです。

A Japanese dish of noodles in broth, often garnished with small pieces of meat and vegetables.

どんな形でも、日本文化が世界に発信されるのはいいことではないでしょうか。






posted by Karry at 00:43| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

Michael Jackson dead at 50 -ニュースの英語-

jackson-michael-w-cp-673862.jpg

今日は朝からCNNはこのニュースでもちきりです。
急きょ特集番組もくまれています。
繰り返しJacksons時代のvideoや、"Thriller"のプロモを映しています。
この"Thriller"はすごいヒットでしたよね。

Seven of "Thriller's" nine cuts were released as singles; all made the Top Ten!

The most iconic music performer of all time, Micheal Jackson died of cardiac arrest after being taken to a hospital on Thursday after suffering cardiac arrest.

iconic[adj.]famous and admired by many people and thought to represent an important idea

cardiac arrest=a condition in which the heart stops beating

まだ原因は明らかにされていませんが、

He collapsed at his residence in the Holmby Hills section of Los Angeles, California, about noon. The paramedics performed CPR and took him to UCLA Medical Center.

collaspe[v] = If someone collapses they fall down because they are ill or weak

paramedic[n]=someone who has been trained to help people who are hurt or to do medical work, but who is not a doctor or nurse

CPR[n]cardiopulmonary resuscitation
when you breathe into someone's mouth and press repeatedly on their chest in order to make them breathe again and make their heart start beating again after it has stopped

来月comeback concertが行われる予定になっていたのに。。。
50公演でチケットはすべて完売だったそうです。

Jackson had been scheduled next month to begin the first of 50 sold-out concerts at London's O2 Arena.











posted by Karry at 10:40| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

日本を英語で紹介!

「真の国際人とはどんな人?」
って聞かれたら、どんなイメージを持ちますか?

英語や他の言語が話せて、
振る舞いが西洋的な人?

私のイメージは全く違います。
まず、「日本人」としてのアイデンティティーをきちんと持っている人。
そのうえで相手の国についても理解し、尊重する気持ちを
持っている人。

どんな人々が日本を代表する「国際人」として活躍しているか
という話を聞いたことがありますが、
必ずしも、帰国子女や、インターで小さい頃を過ごした人っていうこともありません。

日本人なのに、日本語があまり得意でない、正しく使えない、
日本のことを聞かれても答えられない。
これでは真の国際人というよりも、日本人としてもどうかなと
いう感じですよね。

日本で教育を受け、日本人としてのアイデンティティーを持ち、
そして英語をツールとして自由に操れる人、
そういう人達のほうが、より他の国々の人たちから
尊敬される存在になっています。

他の国々の若者と話して思うのは、
彼らは自国のこと(歴史・政治・文化など)
についてとてもきちんと話ができます。
まあ教育の違いもあるとは思いますが、
やはり意識もあるのではないでしょうか。

彼らと話すたびに、私ももっともっと
日本人としてきちんと「日本が語れる」
ようにならなければ恥ずかしいなと思います。

もちろん理解してもらうためには、
お互いわかる言語でのコミュニケーションが必要ですよね。

で、ENGLISH ARTWORKでは、
もっともっと日本人として「日本」を
語れるようになりたいという人を応援するため、

「日本を英語で紹介する」をテーマに、
今後ワークショップや教養講座を展開していきます!

その第1回が8月1日(土)13:00-14:00, 14:30-15:30
に開催されます!

詳細はホームページにUPされますので、
チェックしてみてくださいね!

ENGLISH ARTWORK英会話教室
渋谷区恵比寿西 2-17-4 イースト代官山3F
03(3780)1514

http://englishartwork.jp

f0055087_0205383.jpg








posted by Karry at 12:23| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

Solar Eclipse -自然現象の英語-

totaleclipses.jpg

今年日本で日食(Solar Eclipse) を見ることができるの知ってますか?
私はついこの間知りました。

On July 22, 2009, the longest total eclipse of the 21st century will pass over Asia. The eclipse will have its peak duration over southern Japan, and will be visible from the Tokara Islands, Yakushima and Amami Oshima. Partial eclipses will be visible throughout the country.

7月22日です!
なんと、21世紀で一番長い日食になるそうです。

The total solar eclipse on the 22nd of July 2009 will be the longest of the 21st century. Lasting over six and a half minutes at the maximum duration.

duration = the length of time that something lasts

皆既日食(total solar eclipse)を見ることができるのは、
奄美大島北部、トカラ列島、屋久島、種子島南部などですが、
部分日食(partial solar eclipse)なら、
東京でも見ることができそうです。

東京は、11:13ごろが見ごろのようです。

次の皆既日食は、26年後だそうなので、お見逃しなく!


7月19日・26日(日)の両日 17:00〜20:00の間、
オープンスクールを開催します!
「どんな学校か見てみたい」、
「勉強方法が知りたい」などなど、
ご興味のある方はぜひプラッと遊びに来てください。
当日は「発音クリニック」なども予定しています。


ENGLISH ARTWORK英会話教室
渋谷区恵比寿西2-17-4 イースト代官山3F
03(3780)1514
http://englishartwork.jp











posted by Karry at 08:34| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

発表会にむけて

さて第3学期も半ばを過ぎ、
いよいよリーディングも来週最終週を迎えます。
今学期はミステリーに挑戦ということで、
初・中級、中・上級それぞれ1冊ずつペーパーバック
を読んでいます。

来週読み終わったあとは、
発表会にむけて今まで話し合ってきたアウトラインをもとに
シーン設定、スクリプト作成と進んでいきます。

提出してもらったラフドラフトを見ると、
みんなそれぞれとても面白そうなアウトラインがでてきています。
リーディングクラスで学んだ犯罪に関する知識や表現・ボキャブラリーだけでなく、
レクチャークラスで学んださまざまな表現などを盛り込んで、
面白いものを創ってくれるのではないかと、今から楽しみ!

今学期はリスニングやスピーキング、テストなどかなりハードに勉強してもらっていますが、前学期よりさらにみなさんのモチベーションが上がっていることが伝わってきてうれしい限りです。
テストも、ほとんどの生徒さんが、きちんと理解できるまで何度も何度も提出する(答えを自分で導きだすまで)熱心さで、その熱心さがちゃんと結果になって表れてきています。
頑張った人がむくわれる、それがホントですよねー。

そして、なによりみんななんかとっても楽しそう〜。
作る会話もとってもナチュラルになってきています。
ニュアンスを理解し、「使ってみる」
ということに楽しさを感じてくれているようで、
私たちもうれしくなります。

そして私たち講師は1人ひとり、あらゆる面で、どこがどのように伸びているのかをしっかり把握させてもらっているので、的確な指導が出来ているのではないかと思います。
その生徒さんの名前を見ただけで、
文法、ボキャブラリー、リスニング、スピーキング、ライティング、発音などの、どこにどんな伸ばすべき点があるのかを瞬時に思い浮かべることができます。

これこそ私たちが目指していた学校のあるべき姿だと思っています。
少人数定員制を貫いているのもそういう意味合いがあります。

これからも私たちこの信念をもとにがんばりますので、
よろしくね!








posted by Karry at 13:06| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

犯罪にまつわる英語

今学期、リーディングの授業で読んでいるミステリーの中には、
さまざまな犯罪や警察、裁判などに使われる表現が見られます。

"You're charged with assault and robbery."
assault
the crime of physically attacking someone

"He was picked out of a police line-up."
a line-up
a row of people who stand in front of a witness to a crime, who is then asked if he or she recognizes any of them as the criminal

"Police! Open the door! We have a search warrant!"
a search warrant
An official order authorizing a search of someone's home or other location. The controlling principles governing search warrants are generally provided by the U.S. Constitution's Fourth Amendment.

"I'll get you out on bail."
bail
Money or property promised or given to the court as security when a defendant is released before and during his or her trial with the agreement that he or she will return to court when ordered to do so. The court sets the bail amount or value depending on several factors, including seriousness of the charges and the likelihood that the defendant will attempt to flee prior to the required court appearances. Bail is forfeited to the court if the defendant fails to return to court.

他にも、
rob,robbery,robber
mug, mugger
be arrested for
be charged with
motive
witness

などなど。。。
これらを覚えることで、刑事もののドラマや映画、
ミステリー、裁判ものなどをより楽しむことができます。
しかも単語だけでなく、
登場人物のやりとりを通して、逮捕時の様子や、
弁護士とのやりとりなども勉強できて楽しいですよ!








posted by Karry at 14:05| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

なんか変?

昨日の授業の中で、
「で、彼女のお父さんは結婚認めてくれたの?」
と言いたかった生徒さんが、
"Did her father admit your marriage?"

えっ? "admit" ???
で、思った!
あ〜〜〜〜、「認める」って覚えてる。
日本語で、しかも状況抜きで。
これです!怖いのは。。。

受験英語で覚えた単語帳暗記。
それらを使って文章を作ることの怖さ。
この生徒さんは、今まで
英語から日本語、日本語から英語に直して覚える
というような勉強方法を長年やってきました。

もしこの時間を本物の英語に触れる時間にあてていれば、
この表現がおかしいってすぐに気付いたはず。
この、
「なんか変」
っていう感覚が大事なんです。
たとえ一番しっくりくる言葉が見つからなくても、
少なくとも「なんか変」と思える感覚をやしなうことが。

彼女の会話を聞いていると、
頭の中で一生懸命日本語から英語に直しているなっていうのが
見えます。
電光掲示板のように頭に日本語を思い浮かべてそれを一生懸命英語に直している。
その結果、作る文章がとっても不自然だったり、
意味が通じなかったりする。
まだ2学期目の彼女は、これをしていてはダメなんだと
1学期目に気付いたんです。
まずそこが第一歩。
だけど、長年そうやって英語を口から出していた、そのくせを
直すのは時間がかかります。

でも、3学期目に入った生徒さん達を見ていると、
クラスの中で習った表現を使って会話をしてもらっているときに
見せる表情が変わってきていることに気付きます。
以前は、私だけが「なんか変」という気持ちになったのですが、
今は、何人かこの「なんか変」という気づきが出てきている。
「ん〜?」という顔にいっせいになります。(笑)
そして、私が「そういう時は、こういう表現を使った方がいい」
というと、
「うんうん。なんか変だと思った」
という表情になります。

すごい!
英語的な感覚がついてきています。
そして、その生徒さん達は、明らかに作る会話が
自然に、そして英語らしい表現になってきています。

英語らしい表現を素直にどんどん吸収し、
それを使って自分の言葉にしていく。
そのプロセスがわかってきた生徒さんは、
実に生き生きとそれらを駆使して会話ができるように
なってきています。

1学期目には1つの文もなかなか思うように出てこなかった生徒さんが、今学期は見違えるように、しかもうれしそうに
思うことを話しているのを見ると、
こちらの方がうれしくなります。

やはり昨日の授業の中で超初級の生徒さんが、
"I spend a lot of time reading novels these days."
ってすらすらって言っているのをきいて、
なんか鳥肌がたちました。
こういうときが一番講師をやっていて「幸せ」を感じる時です。


ENGLISH ARTWORK英会話教室
渋谷区恵比寿西2-17-4 イースト代官山3F
03-3780-1514
http://englishartwork.jp








posted by Karry at 10:49| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

韓国英語事情

2009年05月04日_IMG_0346.jpg

GWを利用して韓国に行ってきましたー。
楽しかったー!

お料理はおいしいし(写真は、参鶏湯サムゲタン)韓国の方たちは、デパ地下のレジのお姉さんからタクシーの運転手さんにいたるまで、みーんな礼儀正しくて親切でした。
たくさんの笑顔をもらいました。

さて、「英語」ですが、
韓国も日本と同様、英語が話せないという問題をかかえていると聞いていましたが、さすが英語教育に力を入れているだけあって、私は日本より話せる人が多いなという印象を持ちました。
イントネーションがいいため、わかりやすい。
しかも、英語があまり話せなくても日本語が話せる人とかも結構いました。

日本もうかうかしてはいられません。
「英語を話す」ということでは、世界中の国々の中で明らかに底辺をさまよっている状態ですよねー。
ニュースを見ていて思うのですが、
どんなに小さなアジアやアフリカの国でも、
街角でインタビューされても英語でちゃんと答えてますよねー。
日本はどうだろう?
なにか聞かれて英語で自分の意見を言える人どれぐらいいるのかなー?


韓国と日本の英語教育の大きな違いは、
「英語教育をどういう目的で行うのか」という目標設定だと思います。

韓国は、「将来世界を相手に仕事をしていく次世代の子どもたちが、英語を自由自在に使いこなしていけるように」

それに対して日本は「国際理解のため」。。。

国の力の入れようが違います。
日本が、「5年生から小学校でも英語を取り入れましょうかねぇ」なんて悠長に言っている間に、
韓国は、もうとっくに3年生から英語の授業があるだけでなく、今年からは、1年生でも導入が決まっているそうです。

もちろん問題点はたくさんあります。
「英語を英語で教える」ためには、
それができる指導者が圧倒的に足りない。
ネイティブスピーカーにいつまでも頼っているわけにはいかないので、
自国の先生たちの教育とカリキュラムの充実が重要です。

韓国のように、国を挙げて力を入れていれば、
教師も一生懸命にならざるを得ませんが、
日本は、導入自体も文部大臣がかわるたびに一進一退でなかなか進まない状態であるため、「英語は英語で教えるべき」と声をあげる人たちに対し、そうなると困る人たちの抵抗でなかなか進まない現状です。

まあいまだに大学の英文科の授業が日本語で行われている現状を考えると前途多難ですね〜。

もし小学校の低学年から英語に親しみ楽しむ時間が持てて、
中学・高校・大学と英語の授業はすべて英語で受けることができたら、
もっと話せるようになるのは普通に予測できることです。
今すでに教師をしている人たちにしてみたら
大変かもしれないけれど、その方向になるようみんなで頑張ってほしいなと思うのは酷でしょうか。

これから教師になる人たちから変えていくという方法もありますよね。
英語で指導できる教師を育てるという観点から、教職課程を見直すとかね。

どんどん世界から取り残されていくという危機感を感じます。

教師を目指している学生さんたちの意識が高くなって、それがシステムを変える運動につながるといいなと思うのですが。。。












posted by Karry at 12:15| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

Famous Proverbs −英語のことわざー

A proverb is a short sentence based on long experience.
A proverb is the wit of one and the wisdom of many.

時々「ウ〜〜〜ン、ホントにそうだー。」と思う
proverbに出会うことありますよね。

"Home is where the heart is."

とか、

"Fool me once, shame on you. Fool me twice, shame on me."
これとかホントそう。

"Hope for the best, expect the worst."


"Where there's a will there's a way."
"Never judge the book by it's cover."
"No pain, no gain."
"Friend in need is a friend indeed."
なんかは有名ですよね。

私の好きなproverbは、
"What goes around comes around." です。(笑)

こういうproverbを会話にちょっと取り入れたりすると
おしゃれになりますよー。




ENGLISH ARTWORK英会話教室
渋谷区恵比寿西2-17-4 イースト代官山3F
http://englishartwork.jp








posted by Karry at 12:15| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

Swine Flu Outbreak−ニュースの英語−

すごい騒ぎになってきましたねー。

日本では「豚インフルエンザ」と報道されていますが、
英語では "Swine Flu"と言われています。

Bird Flu だから Pig Flu だろうと思われがちですが、
“Bird” がいろいろな鳥を含むように、
“Swine”という言葉は、イノシシのようないろいろな種類の豚を含みます。

WHO(The World Health Organization) raised swine flu alert from level 3 to level 4.

CNNも朝からマスクをしたメキシコの人々をうつしています。
海外ではこのように伝染性の病気(a quickly-spreading infectious disease)の場合にみんながつけるので、
初めて花粉症の時期に日本を訪れた海外からの旅行者は
マスクをつけて歩く人々をみて、一瞬恐怖におそわれるようです。(笑)

冗談はさておき、
Masks protect against respiratory droplets.
と繰り返し言ってますねー。
この respiratory droplets 、日本語にすると「呼吸器を通しての飛沫」かな。

このalert発表したの日系の方でしたね。
Dr. Keiji Fukuda, WHO assistant director-general, said the move did not mean a pandemic was inevitable. He added the agency would focus efforts on mitigating, rather than containing, the virus.

Fukuda said it was too early to predict whether there will be a mild or serious pandemic. (CNN)

この手のニュースでよくでてくるのが、
タイトルにある "outbreak" 「(病気などの)発生」
という言葉と、
"pandemic" 「世界的流行」
です。

レベル4はまだこのpandemicまではいっていないのですが、
このままspreadし続けるとその可能性も否定できない状況のようです。

U.S. urges travelers to avoid non-essential trips to Mexico.

これ今日記者会見で外添厚生労働大臣も言ってましたね。

Major U.S. airlines are waiving fees for passengers who want to change their tickets to Mexico.

"waive" という動詞は、
「権利などの主張を自発的放棄する、断念する」
という意味です。
つまり、変更などの際にかかる費用をすべて無料にするということです。

最後にもうひとつ、
もし症状(symptom)がでた場合、
You'll be quarantined. (隔離される)

パニックになる必要はないと思いますが、
ニュースなどで情報はつかんでおく必要ありそうですね。






















posted by Karry at 11:22| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

Beyond a reasonable doubt−法律英語−

このフレーズは、アメリカの裁判などでよーく出てくる表現です。

REASONABLE DOUBT - The level of certainty a juror must have to find a defendant guilty of a crime. A real doubt, based upon reason and common sense after careful and impartial consideration of all the evidence, or lack of evidence, in a case.

「合理的疑いを超える(証明)」という意味で、日本語でもこのように使われます。

和歌山カレー事件で、死刑判決(the death sentence )が出ましたが、結局動機(motive)も解明されないまま、状況証拠(circumstantial evidence)での有罪判決でした。

確固とした物的証拠(solid physical evidence)がある場合と違い、
難しいのはこのような、状況証拠だけしかないようなケースで、合理的疑いを超えて証明されたと判断できるのかというところだと思います。

裁判員制度(jury system)が導入される今、他人ごとではありません。
状況証拠だけで自白(confession)もないケースでの冤罪(wrongful conviction)の事例も多いので、より慎重にならなければと思いますよね。

そこで、このフレーズがキーになると思います。
「本当にほかの人がその罪を犯した可能性はないのか」
「本当に被告が罪を犯したという証拠が十分に提示されているか」
などなど、これらの合理的疑いを超える証明がされているかを十分考慮する必要があると思います。

英語の勉強という意味では、法律用語は難しいから。。。とあきらめないで、まずはこのような身近なところから覚えていくといいと思います。たとえば、草なぎ剛さんが捕まったのは、公然わいせつ罪(Indecent exposure)です。

このような法律英語を楽しく覚えるには?
裁判を扱ったドラマを見るといいですよ!
例えば、

The Practice
Boston legal
Shark

など、
裁判を扱ったドラマや映画はたくさんあります。
これらを見ていると、大事な用語が繰り返しでてくるので、
自然に覚えられます。

ぜひトライしてみて!

それと、裁判所の見取り図をつけておきますね!

court.jpg


ENGLISH ARTWORK英会話教室
渋谷区恵比寿西2-17-4 イースト代官山3F
http://englishartwork.jp







posted by Karry at 10:23| Comment(2) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。