2009年10月31日

速水御舟展 −アートの英語−

家の近所に突然美術館がオープンて、一気に観光スポットのような
にぎわいを見せています。

それが山種美術館とわかって、驚きとそしてうれしさ!
さっそく開催中の「速水御舟展」に行ってきました。

速水御舟は、大正から昭和初期にかけて活躍した日本画家。

Hayami Gyoshu was a talented Nihonga painter of the Taisho and Showa eras.

今回は「重要文化財」に指定されている2店を含む120点もの作品が展示されています。

In this exhibition, 120 pieces of work are on display, including two national important cultural properties.

[重要文化財] important cultural property

1."Dancing in the flames"

300px-Enbu_by_Hayami_Gyoshu.jpg


2. "Camellia Petals Scattering"

pic01.gif

こんなにたくさんの御舟の作品が見られるのは山種だからでしょう。

日本画はあまり詳しくはないのですが、
御舟が常に新しい手法を取り入れようとしていたのが作品を見ていると
伝わってきます。

Throughout his life Gyoshu challenged himself over and over again with new experiments.

彼のチャレンジ精神は彼の発言からも。。。

"The courage to climb to the top of the ladder is noble, while those who climb down from the perch and then climb back up it are all the more noble. … More so than those who have the courage to climb up, those who have the courage to climb down are those in possession of truly great power." (山種美術館HPより)

ヨーロッパ旅行に出かけた時の日記や、その時のスケッチなども展示され、また、帰国後取り組んでいた巨大な群像画が未完の下書きとして展示されているのがおもしろい。

個人的には、彼の描く繊細な花々がとても印象に残りました。

pic03.gif

展覧会は11月29日(日)まで開催しています。

山種美術館
東京都渋谷区広尾3−12−36
03-5777-8600

【徒歩でのアクセス】
JR恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線恵比寿駅 2番出口より徒歩10分

【バスでのアクセス】

■  恵比寿駅前より日赤医療センター前行都バス(学06番)に乗車、「広尾高校前」下車徒歩1分(降車停留所B、乗車停留所C)
■  渋谷駅東口ターミナルより日赤医療センター前行都バス(学03番)に乗車、「東4丁目」下車徒歩2分(降車停留所@、乗車停留所A)









posted by Karry at 10:23| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。