2009年06月12日

発表会にむけて

さて第3学期も半ばを過ぎ、
いよいよリーディングも来週最終週を迎えます。
今学期はミステリーに挑戦ということで、
初・中級、中・上級それぞれ1冊ずつペーパーバック
を読んでいます。

来週読み終わったあとは、
発表会にむけて今まで話し合ってきたアウトラインをもとに
シーン設定、スクリプト作成と進んでいきます。

提出してもらったラフドラフトを見ると、
みんなそれぞれとても面白そうなアウトラインがでてきています。
リーディングクラスで学んだ犯罪に関する知識や表現・ボキャブラリーだけでなく、
レクチャークラスで学んださまざまな表現などを盛り込んで、
面白いものを創ってくれるのではないかと、今から楽しみ!

今学期はリスニングやスピーキング、テストなどかなりハードに勉強してもらっていますが、前学期よりさらにみなさんのモチベーションが上がっていることが伝わってきてうれしい限りです。
テストも、ほとんどの生徒さんが、きちんと理解できるまで何度も何度も提出する(答えを自分で導きだすまで)熱心さで、その熱心さがちゃんと結果になって表れてきています。
頑張った人がむくわれる、それがホントですよねー。

そして、なによりみんななんかとっても楽しそう〜。
作る会話もとってもナチュラルになってきています。
ニュアンスを理解し、「使ってみる」
ということに楽しさを感じてくれているようで、
私たちもうれしくなります。

そして私たち講師は1人ひとり、あらゆる面で、どこがどのように伸びているのかをしっかり把握させてもらっているので、的確な指導が出来ているのではないかと思います。
その生徒さんの名前を見ただけで、
文法、ボキャブラリー、リスニング、スピーキング、ライティング、発音などの、どこにどんな伸ばすべき点があるのかを瞬時に思い浮かべることができます。

これこそ私たちが目指していた学校のあるべき姿だと思っています。
少人数定員制を貫いているのもそういう意味合いがあります。

これからも私たちこの信念をもとにがんばりますので、
よろしくね!








posted by Karry at 13:06| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。